リスケジュールのメリット・デメリット

金融機関にリスケジュールを申請すると、どのようなメリット・デメリットがあるのか、解説していきます

リスケジュールのメリット

  • 資金繰りが楽になるので、経営改善に集中できる
  • すぐに行えますから、資金繰り改善効果が早いです

売上を上げて利益を伸ばす事により、資金繰りを改善しようとしても時間がかかります。
ですが、リスケジュールをすると銀行への支払い負担が減りますから、資金繰りが一気に改善されます。

 

例えば、毎月100万円の支払い負担があるとします。
通常通り毎月支払っていては、以下の金額が会社から出て行ってしまいます。
100万円×12ヶ月=1200万円

しかし、リスケジュールをして、支払い負担を減らしてしまえば
年間1200万円が助かることになります。

 

いきなり1200万円の利益を生み出そうとしても困難であると思われますが、
リスケジュールをする事により、簡単に1200万円が助かります

毎月50万円の支払いであれば年間600万円助かります。

つまり、返済を減額する事は、新規の融資を受けたのと同じ効果があるという事になります。

 

リスケジュールのデメリット

  • リスケジュール期間中の新規融資は非常に難しくなります。

リスケジュールについて勘違いをしている人がけっこう多いですが、融資を受ける事ができないのはリスケジュール期間だけであって、今後2度と融資を受ける事ができなくなる訳ではありません。

資金繰りが改善し、事業の利益創出能力が上がる事によって、通常の返済条件に戻しても支払いが可能になった時に、また、融資を受ける事ができます。キャッシュフローで返済ができるようになれば、また貸してくれるようになりますから、ご安心下さい。

そもそも、融資を受ける事ができないからこそ、リスケジュールをする訳ですから、「融資を受ける事ができなくなる」と心配しても、あまり意味がありません。まずは支払い負担を減らし、資金繰りを改善していかなければなりません。

 

 

資金繰り

中小企業のM&Aならクレアーク