ダヴィンチパートナーズでは、お客様の状況に合わせて、資金調達のお手伝いをさせていただいております。

弊社へお問い合わせされるお客様は、既存の取引行に融資を断られた方や、リスケジュール中の方が多いため、単純に銀行融資のお手伝いをするだけでは弊社へご連絡されたお客様のニーズを満足させる事はできません。

そのため、何が何でも銀行からの融資と言うことではなく、日本政策金融公庫からの融資やABL(流動資産担保融資)による資金調達、ファクタリングによる資金調達、事業再生資金、ファンド出資、少人数私募債などお客様の現状にあった資金調達のご紹介・お手伝いをさせていただいております。

また、お客様の状況によっては、「なぜ銀行から融資を断られたのか?」「どうすれば銀行融資を受けることができるのか?」等といった、資金調達のコンサルティングが必要なケースがございますから、お客様の現状やご希望などをよく聞き、現状分析と、どのような方策が必要かといったご提案、ご案内をさせていただいております。

今まで弊社がお手伝いしてきたお客様は、設立間もない会社から、業暦10年以上の会社までと幅広く、また、業種・業態も多種多様で、お手伝いする金額も小は数十万円のファクタリングから、数千万円単位といった、お手伝いするサービス内容も多岐にわたっております。

 

資金調達コンサルティング

お客様に自由に選択していただくために、面談によるご相談、資金調達コンサルティング、ファイナンスアレンジメント、3種類のサービスをご用意させていただきました。

サービス毎に契約形態や料金が異なりますから、お客様の現況に合わせてサービスを提供する事が可能です。まずは詳しいサービス内容をご説明させていただきます。

面談によるご相談

お客様の現況を把握するため、会社へ訪問し、面談させていただきます。面談時間は概ね2時間程度です。この面談でほとんどの場合、お客様の資金調達の可能性や、お客様の属性以外の問題点を抽出し、現状よりも資金調達の可能性を引き上げるよう、アドバイスを提供することができます。

面談後は、お客様自身で、最寄の金融機関に融資の打診をしていただきます。

 

資金調達コンサルティング

資金調達の策定から決算対策などのアドバイスをご希望のお客様は、2ヶ月間のコンサルティング契約を締結していただき、資金調達のお手伝いをさせていただきます。

策定の内容は、銀行融資の可能性を模索するだけでなく、ファンド出資の可能性、資産流動化の可能性、デッドファイナンス等、お客様の状況に合わせて、現状できうる限りのご提案をさせていただきます。

 

ファイナンスアレンジメント

コンサルティング契約を締結していただいたお客様で、資金調達のアレンジメントをご希望された場合、完全成功報酬でお手伝いする事が可能です。

書類の作成、金融機関やファンドへの打診・プレゼン等のお手伝いをいたします。

成功報酬に関しては、資金調達額の1~5%の範囲内で資金調達の額、調達の条件、調達にかかるコスト等、調達の案件毎にお客様のご負担も異なりますから、お客様とご相談のうえ、成功報酬をいただく事になります。

成功報酬の金額にご納得いただけましたら、ファイナンスアレンジメントの契約を締結し、資金調達に向けて行動を開始いたします。

完全成功報酬でのお手伝いとなりますが、交通費や、書類のコピー代などの実費につきましては、お客様のご負担をいただきます。