お客様に提供するサービスに関するFAQがご覧いただけます。

質問事項をクリックすると回答が表示されます。

費用に関するご質問

金融機関等の債権者との交渉の代理は、弁護士法に定める法律事務に該当するため、代理で交渉する事はできません。しかし、企業の財務担当として、経営者様と同行する事はできます。

 

金融機関は第三者が介入してくる事を嫌がります。顧問税理士・会計士と共に、融資のお願いや、リスケジュールの申請に行ったら、専門家は部屋から追い出されたという話をよく耳にします。

金融機関は経営者様の口から、今後の経営方針や、今後の展望について説明を求めてきます。第三者の口から説明された事を聞く気はありません。

金融機関折衝は、再生したいという経営者の強い意思を金融機関に理解してもらう必要がありますから、弊社のアドバイスを元に、経営者様ご自身で交渉されるほうがうまくいく事が多いのです。

「必ず再生できます!」と言いたいところではありますが、全ての企業が再生できる訳ではありません。

基本的に営業利益が黒字であれば再生は難しくないと判断しますが、営業利益が赤字の場合、再生の難易度は高くなります。しかし、一言で赤字と言っても状態は様々です。

赤字は一過性のものなのか、それとも常態化しているのか。赤字が常態化している場合は業界自体が衰退しているケースが多く、再生が難しい場合もあります。

一概に申し上げる事はできませんので、まずはご相談頂ければと思います。

基本的に、弊社代表の瀬間が案件の全てを対応致します。現状分析による再生可能性の可否、再生スキームの策定・実行支援、ステークホルダーへの交渉のアドバイス・交渉の同行等、事業再生の全てのお手伝いをさせて頂きます。

 

経営改善によって資金繰りが改善するようなケースであれば、弊社が単独でお手伝い致しますが、大掛かりな組織再編行為を行うような場合は、弊社だけで抱え込まず、弁護士、会計士、税理士、司法書士等の専門家と協業し、再生計画を策定・実行します。

不動産のリースバックや、任意売却を行うような場合、不動産鑑定士などの専門家に協力していただき、不動産の保全を図ります。

また、企業規模が大きい場合、一人で対応するのが難しいので、パートナーコンサルタントと共同で担当致します。

Load More

 

ご相談に関するご質問

金融機関等の債権者との交渉の代理は、弁護士法に定める法律事務に該当するため、代理で交渉する事はできません。しかし、企業の財務担当として、経営者様と同行する事はできます。

 

金融機関は第三者が介入してくる事を嫌がります。顧問税理士・会計士と共に、融資のお願いや、リスケジュールの申請に行ったら、専門家は部屋から追い出されたという話をよく耳にします。

金融機関は経営者様の口から、今後の経営方針や、今後の展望について説明を求めてきます。第三者の口から説明された事を聞く気はありません。

金融機関折衝は、再生したいという経営者の強い意思を金融機関に理解してもらう必要がありますから、弊社のアドバイスを元に、経営者様ご自身で交渉されるほうがうまくいく事が多いのです。

「必ず再生できます!」と言いたいところではありますが、全ての企業が再生できる訳ではありません。

基本的に営業利益が黒字であれば再生は難しくないと判断しますが、営業利益が赤字の場合、再生の難易度は高くなります。しかし、一言で赤字と言っても状態は様々です。

赤字は一過性のものなのか、それとも常態化しているのか。赤字が常態化している場合は業界自体が衰退しているケースが多く、再生が難しい場合もあります。

一概に申し上げる事はできませんので、まずはご相談頂ければと思います。

基本的に、弊社代表の瀬間が案件の全てを対応致します。現状分析による再生可能性の可否、再生スキームの策定・実行支援、ステークホルダーへの交渉のアドバイス・交渉の同行等、事業再生の全てのお手伝いをさせて頂きます。

 

経営改善によって資金繰りが改善するようなケースであれば、弊社が単独でお手伝い致しますが、大掛かりな組織再編行為を行うような場合は、弊社だけで抱え込まず、弁護士、会計士、税理士、司法書士等の専門家と協業し、再生計画を策定・実行します。

不動産のリースバックや、任意売却を行うような場合、不動産鑑定士などの専門家に協力していただき、不動産の保全を図ります。

また、企業規模が大きい場合、一人で対応するのが難しいので、パートナーコンサルタントと共同で担当致します。

Load More

 

顧問契約に関するご質問

金融機関等の債権者との交渉の代理は、弁護士法に定める法律事務に該当するため、代理で交渉する事はできません。しかし、企業の財務担当として、経営者様と同行する事はできます。

 

金融機関は第三者が介入してくる事を嫌がります。顧問税理士・会計士と共に、融資のお願いや、リスケジュールの申請に行ったら、専門家は部屋から追い出されたという話をよく耳にします。

金融機関は経営者様の口から、今後の経営方針や、今後の展望について説明を求めてきます。第三者の口から説明された事を聞く気はありません。

金融機関折衝は、再生したいという経営者の強い意思を金融機関に理解してもらう必要がありますから、弊社のアドバイスを元に、経営者様ご自身で交渉されるほうがうまくいく事が多いのです。

「必ず再生できます!」と言いたいところではありますが、全ての企業が再生できる訳ではありません。

基本的に営業利益が黒字であれば再生は難しくないと判断しますが、営業利益が赤字の場合、再生の難易度は高くなります。しかし、一言で赤字と言っても状態は様々です。

赤字は一過性のものなのか、それとも常態化しているのか。赤字が常態化している場合は業界自体が衰退しているケースが多く、再生が難しい場合もあります。

一概に申し上げる事はできませんので、まずはご相談頂ければと思います。

基本的に、弊社代表の瀬間が案件の全てを対応致します。現状分析による再生可能性の可否、再生スキームの策定・実行支援、ステークホルダーへの交渉のアドバイス・交渉の同行等、事業再生の全てのお手伝いをさせて頂きます。

 

経営改善によって資金繰りが改善するようなケースであれば、弊社が単独でお手伝い致しますが、大掛かりな組織再編行為を行うような場合は、弊社だけで抱え込まず、弁護士、会計士、税理士、司法書士等の専門家と協業し、再生計画を策定・実行します。

不動産のリースバックや、任意売却を行うような場合、不動産鑑定士などの専門家に協力していただき、不動産の保全を図ります。

また、企業規模が大きい場合、一人で対応するのが難しいので、パートナーコンサルタントと共同で担当致します。

Load More

 

その他

金融機関等の債権者との交渉の代理は、弁護士法に定める法律事務に該当するため、代理で交渉する事はできません。しかし、企業の財務担当として、経営者様と同行する事はできます。

 

金融機関は第三者が介入してくる事を嫌がります。顧問税理士・会計士と共に、融資のお願いや、リスケジュールの申請に行ったら、専門家は部屋から追い出されたという話をよく耳にします。

金融機関は経営者様の口から、今後の経営方針や、今後の展望について説明を求めてきます。第三者の口から説明された事を聞く気はありません。

金融機関折衝は、再生したいという経営者の強い意思を金融機関に理解してもらう必要がありますから、弊社のアドバイスを元に、経営者様ご自身で交渉されるほうがうまくいく事が多いのです。

「必ず再生できます!」と言いたいところではありますが、全ての企業が再生できる訳ではありません。

基本的に営業利益が黒字であれば再生は難しくないと判断しますが、営業利益が赤字の場合、再生の難易度は高くなります。しかし、一言で赤字と言っても状態は様々です。

赤字は一過性のものなのか、それとも常態化しているのか。赤字が常態化している場合は業界自体が衰退しているケースが多く、再生が難しい場合もあります。

一概に申し上げる事はできませんので、まずはご相談頂ければと思います。

基本的に、弊社代表の瀬間が案件の全てを対応致します。現状分析による再生可能性の可否、再生スキームの策定・実行支援、ステークホルダーへの交渉のアドバイス・交渉の同行等、事業再生の全てのお手伝いをさせて頂きます。

 

経営改善によって資金繰りが改善するようなケースであれば、弊社が単独でお手伝い致しますが、大掛かりな組織再編行為を行うような場合は、弊社だけで抱え込まず、弁護士、会計士、税理士、司法書士等の専門家と協業し、再生計画を策定・実行します。

不動産のリースバックや、任意売却を行うような場合、不動産鑑定士などの専門家に協力していただき、不動産の保全を図ります。

また、企業規模が大きい場合、一人で対応するのが難しいので、パートナーコンサルタントと共同で担当致します。

Load More