お客様に提供するサービスに関するFAQがご覧いただけます。

質問事項をクリックすると回答が表示されます。

費用に関するご質問

財務状況や債権者である金融機関の状況によって変動するため、「必ず〇カ月で解決する」という事は申し上げる事はできません。

過去の傾向からみて、早ければ半年程度、通常の場合は一年から二年程度で再生計画を完成させます。債務免除を伴う法的再生を行う場合は半年から1年くらいで概ね落ち着く事が多いです。(最終的な清算手続きを完了するまでには、数年かかることが多いです。)

私的整理や債務免除を一切行わず、単純にリスケジュールだけで対応していくような場合には、債権者側主導の再生となってしまいますから、再生が完了するまで、数年の長期間となってしまう傾向があります。

事業再生は清算価値保障の原則がありますので、債権者の回収額を減少させるような行為を行う事はありません。

事業再生は「いかに債権者の方々から支援を受ける事ができるか?」という事に集約されていると言っても過言ではありません。従って、債権者の方々には、現状よりも少しでも多く回収できるようなメリットのあるご提案、いわば、経済合理性において債権者の方がご納得頂けるようなスキームを策定しています。

「このまま会社を倒産させるより、会社を再生させた方が極大回収できる」という事をご理解いただきます。

再生業務に特化した専門家の方がそのように言われたのであれば、本当にそうなのかもしれません。しかし、再生実務に詳しい先生でない場合、再生できる可能性が残されているケースが散見されます。

実際、専門家の方に相談してみたら「破産するしかありませんね」と言われたにもかかわらず、多くの人が再生を果たしています。

何もしないうちから諦めてしまう前に、あらゆる方法を今一度模索してみてはいかがでしょうか?再生の可能性が残されているかもしれません。まずは一度ご相談下さい。

営業利益は黒字を確保しているのであれば、再生はそう難しくはありません。方法次第では資金調達も可能になります。

事業が順調であれば、過去の負債を処理・カットする事により、再生する事が可能となります。第二会社方式(会社分割・事業譲渡)、M&A等の手法を検討し、負債を切り離し、再生する事が可能です。

しかし、これらの手法を取るには法的な問題をクリアする必要があるため、この場で「こうした方が良いですよ」とアドバイスする事はできません。まずは、今後どうしたいか考えた上で、ご連絡頂ければと思います。

Load More

 

ご相談に関するご質問

財務状況や債権者である金融機関の状況によって変動するため、「必ず〇カ月で解決する」という事は申し上げる事はできません。

過去の傾向からみて、早ければ半年程度、通常の場合は一年から二年程度で再生計画を完成させます。債務免除を伴う法的再生を行う場合は半年から1年くらいで概ね落ち着く事が多いです。(最終的な清算手続きを完了するまでには、数年かかることが多いです。)

私的整理や債務免除を一切行わず、単純にリスケジュールだけで対応していくような場合には、債権者側主導の再生となってしまいますから、再生が完了するまで、数年の長期間となってしまう傾向があります。

事業再生は清算価値保障の原則がありますので、債権者の回収額を減少させるような行為を行う事はありません。

事業再生は「いかに債権者の方々から支援を受ける事ができるか?」という事に集約されていると言っても過言ではありません。従って、債権者の方々には、現状よりも少しでも多く回収できるようなメリットのあるご提案、いわば、経済合理性において債権者の方がご納得頂けるようなスキームを策定しています。

「このまま会社を倒産させるより、会社を再生させた方が極大回収できる」という事をご理解いただきます。

再生業務に特化した専門家の方がそのように言われたのであれば、本当にそうなのかもしれません。しかし、再生実務に詳しい先生でない場合、再生できる可能性が残されているケースが散見されます。

実際、専門家の方に相談してみたら「破産するしかありませんね」と言われたにもかかわらず、多くの人が再生を果たしています。

何もしないうちから諦めてしまう前に、あらゆる方法を今一度模索してみてはいかがでしょうか?再生の可能性が残されているかもしれません。まずは一度ご相談下さい。

営業利益は黒字を確保しているのであれば、再生はそう難しくはありません。方法次第では資金調達も可能になります。

事業が順調であれば、過去の負債を処理・カットする事により、再生する事が可能となります。第二会社方式(会社分割・事業譲渡)、M&A等の手法を検討し、負債を切り離し、再生する事が可能です。

しかし、これらの手法を取るには法的な問題をクリアする必要があるため、この場で「こうした方が良いですよ」とアドバイスする事はできません。まずは、今後どうしたいか考えた上で、ご連絡頂ければと思います。

Load More

 

顧問契約に関するご質問

財務状況や債権者である金融機関の状況によって変動するため、「必ず〇カ月で解決する」という事は申し上げる事はできません。

過去の傾向からみて、早ければ半年程度、通常の場合は一年から二年程度で再生計画を完成させます。債務免除を伴う法的再生を行う場合は半年から1年くらいで概ね落ち着く事が多いです。(最終的な清算手続きを完了するまでには、数年かかることが多いです。)

私的整理や債務免除を一切行わず、単純にリスケジュールだけで対応していくような場合には、債権者側主導の再生となってしまいますから、再生が完了するまで、数年の長期間となってしまう傾向があります。

事業再生は清算価値保障の原則がありますので、債権者の回収額を減少させるような行為を行う事はありません。

事業再生は「いかに債権者の方々から支援を受ける事ができるか?」という事に集約されていると言っても過言ではありません。従って、債権者の方々には、現状よりも少しでも多く回収できるようなメリットのあるご提案、いわば、経済合理性において債権者の方がご納得頂けるようなスキームを策定しています。

「このまま会社を倒産させるより、会社を再生させた方が極大回収できる」という事をご理解いただきます。

再生業務に特化した専門家の方がそのように言われたのであれば、本当にそうなのかもしれません。しかし、再生実務に詳しい先生でない場合、再生できる可能性が残されているケースが散見されます。

実際、専門家の方に相談してみたら「破産するしかありませんね」と言われたにもかかわらず、多くの人が再生を果たしています。

何もしないうちから諦めてしまう前に、あらゆる方法を今一度模索してみてはいかがでしょうか?再生の可能性が残されているかもしれません。まずは一度ご相談下さい。

営業利益は黒字を確保しているのであれば、再生はそう難しくはありません。方法次第では資金調達も可能になります。

事業が順調であれば、過去の負債を処理・カットする事により、再生する事が可能となります。第二会社方式(会社分割・事業譲渡)、M&A等の手法を検討し、負債を切り離し、再生する事が可能です。

しかし、これらの手法を取るには法的な問題をクリアする必要があるため、この場で「こうした方が良いですよ」とアドバイスする事はできません。まずは、今後どうしたいか考えた上で、ご連絡頂ければと思います。

Load More

 

その他

財務状況や債権者である金融機関の状況によって変動するため、「必ず〇カ月で解決する」という事は申し上げる事はできません。

過去の傾向からみて、早ければ半年程度、通常の場合は一年から二年程度で再生計画を完成させます。債務免除を伴う法的再生を行う場合は半年から1年くらいで概ね落ち着く事が多いです。(最終的な清算手続きを完了するまでには、数年かかることが多いです。)

私的整理や債務免除を一切行わず、単純にリスケジュールだけで対応していくような場合には、債権者側主導の再生となってしまいますから、再生が完了するまで、数年の長期間となってしまう傾向があります。

事業再生は清算価値保障の原則がありますので、債権者の回収額を減少させるような行為を行う事はありません。

事業再生は「いかに債権者の方々から支援を受ける事ができるか?」という事に集約されていると言っても過言ではありません。従って、債権者の方々には、現状よりも少しでも多く回収できるようなメリットのあるご提案、いわば、経済合理性において債権者の方がご納得頂けるようなスキームを策定しています。

「このまま会社を倒産させるより、会社を再生させた方が極大回収できる」という事をご理解いただきます。

再生業務に特化した専門家の方がそのように言われたのであれば、本当にそうなのかもしれません。しかし、再生実務に詳しい先生でない場合、再生できる可能性が残されているケースが散見されます。

実際、専門家の方に相談してみたら「破産するしかありませんね」と言われたにもかかわらず、多くの人が再生を果たしています。

何もしないうちから諦めてしまう前に、あらゆる方法を今一度模索してみてはいかがでしょうか?再生の可能性が残されているかもしれません。まずは一度ご相談下さい。

営業利益は黒字を確保しているのであれば、再生はそう難しくはありません。方法次第では資金調達も可能になります。

事業が順調であれば、過去の負債を処理・カットする事により、再生する事が可能となります。第二会社方式(会社分割・事業譲渡)、M&A等の手法を検討し、負債を切り離し、再生する事が可能です。

しかし、これらの手法を取るには法的な問題をクリアする必要があるため、この場で「こうした方が良いですよ」とアドバイスする事はできません。まずは、今後どうしたいか考えた上で、ご連絡頂ければと思います。

Load More